遺品整理士という資格

祖父の遺品整理は無事に終わりました。

祖父の家はすっかりきれいになり、祖父も喜んでくれていることと思います。

僕たち親族にとっても、遺品整理が終わったことはひとつの区切りとしてほっとすることでした。

遺品整理や生前整理のことを知るうちに遺品整理士という資格があることを知りました。

遺品整理士とは遺品整理を代行するにあたって、法規制に遵守して業務を行っていかなければなりません。

遺品整理の取り扱い手順、そして遺品整理に関わる法規制等の知識を、正しく身に付けているのが遺品整理士だそうです。

“遺品整理”は”遺品の処理”ではありません。

生前使用され、故人の想いのこもった品々を”供養”するのですよね。

今回祖父の遺品整理をしてもらったことによって、僕自身もいろいろと学ぶことができました。

遺族にとって遺品整理を仕事とする業者さんはなくてはならない存在だと思います。